改めて格安スマホにしてよかったと思いました

私は今までソフトバンクでiPhoneを利用していました。私は小さな子供のいる専業主婦で、スマートフォンはほとんど使いませんでした。使うとしたらインターネットを見るのとスマホゲームを少しするくらいでした。家にパソコンがあるのでわざわざスマートフォンでインターネットを見る必要もなくスマホゲームも暇つぶしにしているくらいでした。通話は1ヶ月に1~2回くらいでした。こちらから電話をかけるときは固定電話を使っていました。スマートフォンをほとんど使っていないのに月5000円くらい払っていました。
iPhone4sだったので機種変更をしようと思っていたのですが、特別iPhoneにこだわりがあるわけでもなく、ソフトバンクも20年くらい契約していましたが、これといった割引もなくソフトバンクと契約を続けていく意味がないのではないかと思い、格安スマホに乗り換えることにしました。始めはイオンモバイルにしようと思っていたのですが、サービスが始まったときに受付が混乱していて、受付停止の期間が長かったのでイオンモバイルは諦めました。楽天をよく利用しているので、楽天モバイルにすることにしました。楽天モバイルは楽天のポイントで支払いができるのがいいところです。格安スマホはキャリアメールが使えないのが不便かなと思いますが、ラインがあれば問題ありません。
料金は月3000円以上安くなったので大満足です。もし通信料の節約をしたい人は格安スマホを検討してほしいなと思いました。

宝塚ネイルサロンで施術してもらいました。ネイル代が浮いてよかったー。

息子のおかげで虫に対するイメージが少しかわりました

 最近、子供を連れて図書館に行って本を借りるようになったのですが、4歳の息子が持ってくる本が虫の本ばかりなのです。字はまだ読めないので、表紙の絵を見て持ってくるのですが、私から見ると「うわ~、そんなの借りるの?」と正直思ってしまいます。セミやミツバチ、カニなんかの本であればまだましなのですが、ダンゴムシのアップの写真が載っている本や、「うんちレストラン」という、虫がうんちを食べる話の本(写真はもちろん虫もうんちもアップです)なんかは、かなり引いてしまいます。しかし、せっかく息子が興味を持った本なので、借りて帰ってきました。
 息子は字が読めないので、当然「ママ読んで」と持ってきます。どのページもかなりアップされた虫たちの写真が載っているので、私はなるべくその写真を見ないように字だけに集中して読むようにしていました。こんなやりとりが数か月続き、最近ふと息子が借りてくる本に私まで魅力を感じるようになってきました。
 今まで私は虫の本なんて読んだことがなく、虫のイメージはあまりよくありませんでした。しかし、ダンゴムシひとつとってもいろいろな種類があったり、体の作りを覚えたり読んでいる私まで虫に対してちょっとかわいいと思うようになりました。数か月前までは考えられなかったことです。
 やはり、見た目のイメージだけで判断するのではなく、しっかり中身も見てみることが大事ですね。虫の本が大好きな息子ですが、実際に虫を目の前にすると後ずさりしてしまいます。本当の虫好きになるには、まだまだ先の事になりそうです。

下町の美容院での出来事

子供の夏休みが終わり、やっとこ久しぶりの美容院に行きました。予約もなしに、今日しか行けないと、突然思い立って行ってしまいました。
下町の美容院で初めての店舗でした。入ってみると、店員さんもお客さんも年齢層高めで、私自身は30代後半ですが、その中では断トツ若いかなと思いました。
しかし、カットとカラーだけだし、とにかくまとまりのない髪の毛をどうにかしたいので、とにかく店員さんのことは気にしていませんでした。
もちろん、担当の指名もなく、どなたでも。ということで、早速50代後半ぐらいの女性に担当してもらいました。
私は、選んでもらった雑誌に目を通していると「韓国映画観てる?」とか、「髪の毛、多いからすいたほうがいい」とか、話が止まらない模様。
最初のうちは、パワフルな店員さんだなと思っていました。そして、そのパワフルな所が最も生かされたのはシャンプーの時でした。
顔にシートをかぶせなかったので、あまりの勢いに顔に水は飛んでくるわ、たぶん洋服にも飛んでいました。さらに、おでこ半分ぐらいまでシャンプーしているようでした。
頭皮を洗う力は、ものすごく強くて、こんなシャンプー初めてでした。こんなにも濡れることがあるなんて。だんだん、面白くなってきてしまいました。
しまいには、顔を拭くタオルまで渡してもらいました。
シャンプー後、自分の顔を鏡で見たら、ほとんど眉毛は落ちていて、メイクも落ち気味でした。
カットも強烈でした。すきまくるのは、別に構わないのですが、あまりにも濡れたまま切るので、水が顔に飛びまくりました本当に濡れまくった美容院でした。
カット後は丁寧にブローしてくれ、コテまで当ててくれたことはよかったです。悪い人ではないのは会話から十分わかりました。しかし、今後もリピートするのか迷っています。笑。

甥っ子と迷子

今年のお盆に、久しぶりに実家に帰省しました。
前に帰ったのは4年前だったので、姉の子供も随分大きくなったんだろうな~…と、会うのを楽しみに帰宅しました。
甥っ子は今年6歳になります。6歳にもなると、「もう寄ってきてくれたり、抱っこさせてくれたりしないだろう」と、思っていたのですが、人見知りする事なく頬っぺたに歓迎のチューをしてくれました。
そして、「お散歩行こう!」と誘ってくれたので二人で散歩に行くことにしました。
姉が住んでいるのは、実家とは違う市なので道は知りませんでしたがスマホも持っていますし、道には迷わないと思って出掛けました。
甥っ子は、川や近くの神社、お友達の家、大きな犬のいる家など色々と教えてくれました。
そして、周りに田んぼしかない道を二人で歩いていると「僕、ここ知らない~…」と言いました。
私は凍り付きました。何故なら私もここを知らないし、どういう道を歩いてここまで来たのか覚えてないからです。
しかし、スマホを持っているのを思い出し、スマホを取り出しました。充電が切れていて起動しませんでした。
久しぶりに冷や汗をかき、私は本当に焦りました。
取り敢えず、甥っ子の手を取り戻ろうとウロウロしていると、見ず知らずのおば様に声をかけられました。
姉の家の隣の方でした。人生で初めて「地獄に仏」という言葉が頭に浮かびました。
そして、そのおば様のお陰で家に帰る事が出来ました。
今回の事で、私は充電はチェックして出掛けよう!と心に誓いました。
こんなに迷子になったのに、甥っ子は楽しかったようで、それがせめてもの救いになりました。